油断できないシロアリの脅威~鉄骨造の家でもシロアリ駆除が必要になる~

鉄骨造だからといってシロアリが襲わないとは限らない

鉄骨造で行なえる対策方法とシロアリ予防を知っておく

3つの対策方法

シロアリが住みやすい環境が整っていると、鉄骨造でもシロアリは繁殖してしまいます。効果的な対策を施すことで、長期間シロアリが住みづらい環境を作ることができます。

床下の空気を入れ替える換気対策を行なうことで、床下の湿度を下げることができます。通気口だけでは空気は換気できず、隅のほうは空気が悪くなってしまうでしょう。床下に設置する換気扇があるため、設置をすれば湿気を除去することが可能です。 換気対策以外には、調湿対策を行なうことも大切です。床下に調湿剤を敷くことで、湿気を吸収して木材の腐敗を防げます。それだけではなく、湿度が低くなると吸収した湿気を放出して良好な環境を保てるというメリットがあります。 床下の環境を整えた後は、木材そのものを守れば更に安心です。防腐剤や防カビ剤を吹き付けることにより、木材保存をすることができます。防腐剤も臭いが少ないタイプが増えていて、生活に影響が出ることはありません。

バリア工法は薬剤を床下や住宅付近に吹き付けて行なう駆除方法です。駆除にかかる費用は1坪あたり1,000円という相場になっています。バリア工法で散布した薬剤の効果は長く、予防にも利用することができるのでシロアリ予防費用の節約になります。 ベイト工法は住宅の外周1mあたり8,000円となっています。ベイト剤という毒餌を与えて駆除を行ない、それによって巣にいるシロアリを駆除することができるのです。この工法にも予防効果があって、駆除を行なった後も被害を抑えることに繋がります。

TOPボタン